SONGS of KATOMNZ WEB



HOME > SONGS


2010年、友人の結婚式で歌うためKATOとNAOTO-MANにより結成、
ふたりの名前を足してKATOMANZと命名。

その後パーカッションにAKKIEが加入。ロックンロールから映画音楽まで古今東西の名曲を南国のリズムに乗せてコーラスするのんきなバンド。


s-IMG_2058.jpg

A.G Vo. KATO

年齢不詳国籍不明住所不定、カトマンズの夜のオフサイドライン(?)
朝寝朝酒朝湯が大好きだが潰すほどの身上は無い。アコギプレイヤーで好きな人はサンハウス、ピエール・ペンスーザン、ジョニ・ミッチェル、ピート・タウンゼント等々。
ロックと昆虫の写真を撮るカメラマンでもある。

LinkIconRockin Human & Insect Pix


s-IMG_0084.jpg

A.G Vo.Harp. NAOTOーMAN

ストイックな音楽追求精神と明日など知らない、というやけっぱちな部分が同居するさまよい人。カトマンズではゆるキャラも担当。このバンドに”やさしさ”を感じるとすれば彼の力に負うところが大きい。この声と存在あってのカトマンズ。

LinkIcon渡辺商店

s-IMG_9123.jpg

Per. Vo. AKKIE

様々なテイストの曲をカトマンズ的色彩にまとめ上げるヒーロー。コンガ、パンディーロ、ダルブッカ、カホン以外にも音の出るものならなんでも叩いて曲の世界を広げて行く。
ドラマー、エンジニアとして様々な現場を踏んできた。

s-IMG_7146.jpg

準構成員 Tuba. EFFIE

これまでさまざまな人たちがゲストでプレイしてくれたが彼女ほどカトマンズ的ゆるさと激しさを持つミュージシャンはいなかった。ボトムを支える低音担当にもかかわらずメンバーの誰よりもふわふわしているという不思議。酒呑みなトコロもカトマンズにふさわしい。これでいてクラシックもバリバリに吹くというフトコロの深さも併せ持つ才女。

LinkIconEffie joints the carnival



カトマンズがカバーしている曲の解説コーナー。オリジナルをぜひ知っていただきたいです。

R0047331.jpg

Lonsome Tears in My Eyes

50年代半ばのロカビリー歌手、メンフィス出身・ジョニー・バーネットの曲。我々はビートルズのカバーを下敷きにしています。

DSC03735.JPG

 ARABAMA SONG

ドアーズで有名なこの曲は元々20年代の舞台曲(三文オペラより)。いろんな人がやってますがN.Y.ドールズのデビッド・ヨハンセンのこのバージョンがかっこいい。

after.jpg

AMOR DE LOCA JUVENTUD

キューバ発、コンパイ・セグンドのいなせな曲。ライ・クーダー経由で知りましたがこれがオリジナル。タイトルの意味は「若き日の無軌道な愛」

DSC04072.JPG

Don't Ever Change

バディ・ホリーのバックバンドだったクリケッツのヒット曲。作曲はキャロルキングと旦那のジェリーゴフィンのチーム。非常にビートルズっぽいというか、ビートルズがこれらを消化してオリジナルを作っていったというのがわかって面白い。


s-_MG_0571.jpg

Mamunia

ポールマッカートニー&ウイングス’73年リリースのBand on the Run、B面1曲目。このゆったりした感じがなかなか出なくて苦労しています。

わにさん.jpg

  Crocodile Rock

エルトン・ジョン’72年の作品で初のアメリカNo.1ヒット。

R0047638.JPG

Here there and everywhere

言わずと知れたビートルズの名曲です。ポールのアンプラグドをお聴き下さい。
我々はナオトマンの作詞で歌ってます。

DSC04850.JPG

 I've Got to Gettaway

PARAGONS、68年の作品。なんとなくジャマイカのバンドと思ってたらN.Yブルックリン出身と聞いてびっくり。と思ったら友達がそれは同名のバンドでこちらはやはりジャマイカ出身だと教えてくれました。



srm.png

You’ve really gotta hold on me

タムラ=モータウンレコード契約第一号アーティスト、スモーキーロビンソン&ザ ミラクルズの62年R&B部門第一位。このけだるさが何とも言えません。

s-_MG_7835.jpg

Lay your head down

スカパンクっていうのかな、MAD CADDIESのいなせなナンバー。荒野を感じます。最近はあまり演っていませんが久しぶりに練習してみよう。

s-_MG_1039.jpg

Somebody to Love

クイーンの大作。このゴージャスなナンバーがゆるゆるになってしまったところにメンバーの人生への取り組み方を感じます。

s-IMG_7689.jpg

Ask Me Why

ビートルズがらみが多いカトマンズですがジョンの曲は初めて。コード進行が大変ステキ。コーラスも簡単だが効果的で、初期の隠れた名曲です。


images.jpg

DJANGO

続・荒野の用心棒(’66)のメインテーマ。これにシビれずに何にシビれるか、という男の歌。

085.JPG

オーロラソング(センチメートルジャーニー)

敬愛する千駄木の吟遊詩人・近藤十四郎の曲。食卓から一気に宇宙へ旅するジェットコースター。

imagesCAW7K5VH.jpg

DOWN IN MEXICO

メキシコのバーでサイコー楽しかった、というコースターズ56年の曲。詩があんまり面白いので日本語に訳して歌ってます。

IMAG0176.jpg

IN MY LIFE

人生を振り返って決意を新たにする歌ですね。一緒にやってくれるメンバー、歌う場を提供してくれる店、聴きに足を運んでくれるお客さんに感謝を込めて。間奏のカズーも聴きもの。ゆるいです


sp_144h.jpg

Take GoodCare of My Baby

Bobby Vee1961年の全米no.1ヒット。オレの彼女はお前に盗られちまったけど大事にしてくれよな、という男気溢れる曲。写真はイメージです

cab.jpg

 ミニー・ザ・ムーチャー

1931年、キャブ・キャロウエイの最大のヒット曲。ベティさんともアニメで共演しています。よくタイバンする鍵や一座が日本語でカバーしており、気に入った!と叫んだら歌詞を提供してくれました。タイトルは「無茶のみねーちゃん」

s-ookubo.jpg

Waterloo Road

フランスでカバーされたバージョン、おおシャンゼリゼの方が有名だがオリジナルはイギリスのサイケバンド、Jason Crestの曲。日本で歌うなら日本の地名で、てことで我々のタイトルは大久保通り。馬鹿馬鹿しい詩がついてます

s-wonder.jpg

What a Wonderful World

ルイ・アームストロング68年のヒット曲。これも様々なひとたちがカバーしてますがナオトマンの叙情を排した無責任・だが熱いヴォーカルが出色の出来。新しいカトマンズが垣間見れます。

20091109205040e37.jpg

LovePotion No.9

The Clovers,59年のヒット曲。アメグラに入ってましたがコースターズのバージョンが文句なしにかっこいい。もてない男がジプシーのばあさんに秘薬をもらいそして・・・という歌。ばかばかしく面白いので日本語をつけました。

1.png

I Make A Fool Of Myself

君の瞳に恋してる、で有名なフランキー・バリの67年発表曲。我々はあえてラテン味を排除して軽めにやってみました。スイートな曲はやはりナオトマンの歌唱にピッタリ。

images.jpg

 BIRTHDAY

宴会バンドなので誕生祝の席にもよく呼んでいただけます。ので、バースデイソングも仕込まないとね。ビートルズ、ホワイトアルバムより。

s-_MG_9955.jpg

I Will

夏に向けてボサノバ、てのは安直かも知れないが(笑)やってみました。これもビートルズ、ホワイトアルバムから。

Discography

2nd CD

SABANNA

表1kirin2.jpg

 MAXI SINGLE SABANNA

税抜き800円

2013年10月に立ち上げたCOXAN LABELからの第一弾は5月発売予定の全曲オリジナルアルバムからの先行シングル。ライブ会場のみで販売。


1.サバンナ
2.モンスーン
3.ハタリ

Discography

1st CD&DVD

KATOMANZ

ジャケ写.jpg

 CD&DVD KATOMANZ

税込1000円

2011年7月発表、スタジオ録音4曲とライブ映像2曲の二枚組み。エンジニアはAKKIE、カバーイラストはNAOTO-MAN。完売。

CD
1.AMOR DE LOCA JUVENTUD
2.HERE THERE AND EVERYWHERE
3.なんにも
4.LONSOME TEARS IN MY EYES

DVD
1.LONSOME TEARS IN MY EYES
2.AMOR DE LOCA JUVENTUD

ジャンル問わず不定期更新




5a38a90f9f00f10ebeafb3eee408409c.jpg

1000円以内で買える、が、それ以上の値打ちのあるウイスキー、バーボン・デラックス。これが手元にあると幸せになるな。最近不思議なほど出回っています。辛口の男の酒であります。

undefined

ジャンル問わず不定期更新




R0052127.jpg

高円寺北口、中華料理味楽。ラーメン400円、カツ丼500円、安くて美味い庶民の味方。気さくな老夫婦が一発で常連気分にさせてくれます。

ジャンル問わず不定期更新




6502.jpg

神奈川県三浦半島。漁港と農地、コンパクトな地形に凝縮された日本の美。リアス式海岸の海も驚くほどきれいでこの夏に向けてチェックしたい土地であります。

ジャンル問わず不定期更新




noko.jpg

ミヤマクワガタ。問答無用の昆虫界のトップスター。が、強そうな外見とうらはらに暑さに弱く、すぐに首がぐにゃぐにゃになってしまうので飼う時には注意が必要。

ジャンル問わず不定期更新




t20018.jpg

東大博物館小石川分館。ともかく行ってみたまえ。このサイトを見ているアナタなら気に入ること請け合い。この写真は解剖学の教授の彫像だが作ったもののどこに置いて良いか困り、奥のすみっこに。
開館は木、金、土、日の10時~16:30です

ジャンル問わず不定期更新




_MG_0278b.jpg

千葉動物公園。ナメてました。が、充実した環境・飼育数ながら全体にゆるい感じのかなり憩える動物園。随所で見かける脱力したポップもステキ。千葉駅からのモノレールも期待感を盛り上げてくれます。

ジャンル問わず不定期更新




s-IMG_3056.jpg

駒忠阿佐ヶ谷店。ライブの際は必ず立ち寄る昭和な飲み屋。刺身が安く旨い。店のスタッフ(というよりはオバちゃん、と言った方がピッタリだが)も感じよくここで呑むと必ずいいライブが出来ます。

ジャンル問わず不定期更新




s-IMG_1999.jpg

高円寺の居酒屋・和田屋。存在は20年くらい前から知ってはいたがなぜか入ったことが無く、先日友人に連れられて行き驚愕。驚きの安さと旨さと品書きの量。
高円寺は頼もしい店がたくさんありますなぁ。

inserted by FC2 system